So-net無料ブログ作成

iFiオーディオのUSB-DAC内蔵ヘッドフォンアンプxDSDでMQAを聴く [PCオーディオ]

iFiオーディオ xDSD

MQAに対応したUSB-DACを物色していたら、iFiオーディオのxDSDを見つけました。これは、USB-DAC内蔵のヘッドフォンアンプで、いろいろ音質を良くする技術が投入されていて試してみることにしました。

メリディアンのUSB-DACヘッドホンアンプと違うのは、電源をバスパワーではなく、外部から供給できることです。バッテリーも内蔵しているのでiPhoneやAndroidスマートフォンに接続して聴くこともできます(ケーブルは別売り)。

xDSDでMQAデータを聴くには、foobar2000ではだめでした。MQAファイルを展開するハードウェアには、フルデコーダとレンダラーがあります。フルデコーダはその名の通り、ハードウェアだけでMQAを展開できます。レンダラーは、プレーヤソフトウェア側でMQAファイルをある程度展開してから、さらにハードウェアで展開する方式で、プレーヤソフトウェアにMQAコアデコードの機能が必要です。

コアデコード機能を持つプレーヤソフトウェア(Windows10用)には、
Audirvana Plus
Roon
などがあるようですが、僕はAudirvana Plusを導入しました。どちらも有料のソフトウェアです。

セットアップは以下の通り。
1.iFiオーディオからドライバーをダウンロード、インストール。
2.xDSDを接続して、動作を確認。
3.Audirvana Plusをインストール。
4.AudirvanaのDAC選択をiFi HD USB Audio(ASIO)とする。さらにその設定で、MQAレンダラーとする。

これで、MQAが再生できるようになります。

ヘッドホンでPCオーディオをやっている方にはお勧めです!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント