So-net無料ブログ作成

VAPE(電子タバコ)初心者にお勧めかも。RIQ Ploomtech互換アトマイザー [その他]

Ploomtech+、Ploom S、発売しますね。Ploomtech+予約販売にチャレンジしたのですが、撃沈しました。。。そもそも僕が住んでる地域にはPloomtechのショップがありません。
明日29日はオンラインショップの受付開始ですが、仕事で多分無理。

悔しいから、アマゾンでRIQ Ploomtech互換アトマイザーをゲットしました。Ploomtechのバッテリーで使える小型アトマイザーです。アトマイザーとは、リキッドをコイルで加熱して霧状にするもので、要はPloomtechのカートリッジとおなじです。違うのは、リキッドがなくなったらつぎ足すことができることです。
市販のリキッドを入れてPloomtechのバッテリーにつければVAPEデバイスの出来上がり。もちろんPloomtech互換のバッテリーを使うこともできます。色もPloomtechのバッテリーに合わせた光沢のないブラックで、見た目もばっちりです。

ノンフレーバーのリキッドを入れて、吸い口のゴムを外して、Ploomtechのたばこカプセルを差し込めば、Ploomtechの出来上がり。この利点は、リキッドがなくなったら足せばよいので、50回の制限を気にせずにPloomtechのたばこカプセルを吸えることです。

これまでVAPEデバイスを数種類購入して試してみましたが、コイル交換が面倒だったり、デバイスが大きくて胸ポケットに入れるにはちょっと、、、というのがほとんどでした。でも、このアトマイザーなら、すっきりシンプルで胸ポケットに入れるにもいいし、アトマイザーごと交換すればよいのでコイル交換の手間もありません。3本セットで1100円程度なので、コストパフォーマンスもGOODです。これからVAPEを始めてみようという人にもおすすめです。

さて、このアトマイザー、説明書がついていません。アマゾンのページにも軽く説明がありますが、リキッドの入れ方を説明します。

1.銀色の部分(バッテリーとつなぐ側、ここにコイルがついています)を回して外す。
2.真ん中に金属パイプがありますが、その真ん中の穴に入らないように注意しながら、金属パイプの外側(金属パイプと外装の筒の間)にリキッドを入れる。慣れない人は注射器みたいなのを使うといいかも。決して吸い口の白いゴムを外してそこからリキッドを入れないでください。
3.リキッドを7分目くらい、真ん中の金属パイプの先端より下数mmまで満たす。金属パイプより上だと真ん中の穴にリキッドが入ってしまいます。
4.1.で外した銀色の部分を戻す。
5.銀色の部分を下にして置き、10-20分ほど放置する。これ重要です。コイルにリキッドをしみこませ、コイルの焼き付きを防止するためです。
6.Ploomtechまたは互換のバッテリーをつける。
7.たばこカプセルを吸いたいなら、白いゴムを外してそこにたばこカプセルを差し込む。

以上です。

何日か吸っていると、コイルが焦げ付いてイガイガ感がしますので、そうなったら寿命です。新しいアトマイザーに交換しましょう。

今これを書きながら、国産リキッドKAMIKAZE E-JUICE スーパーハードメンソールをたばこカプセル(レギュラー)付きで吸っていますが、なかなか合います。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント