So-net無料ブログ作成
PCオーディオ ブログトップ
前の10件 | -

CR-N765はUSBメモリで聴こう。 [PCオーディオ]

ONKYOのネットワークCDレシーバCR-N765を導入しました。
これまで、前作のCR-N755にパイオニアのN-30を繋いで使用していました。

ONKYOのCRシリーズは、CDプレーヤとアンプが一体となっていて、さらにネットワークオーディオプレーヤの機能もついています。
と、いうことは、N-30がなくても事足りるということです。それが分かっていてずっとN-30を使っていたのは、N755のネットワークオーディオ機能では「ギャップレス再生」が出来ないからでした。
半導体フラッシュメモリやHDD内のデジタルデータを音源とするオーディオプレーヤでは曲と曲の間に無音の時間(ギャップ)が入ってしまうものが多々あります。すでに手放したKORGのUSB-DAC用のプレーヤソフトや、カロッツェリアのナビのSDカード内の曲の再生機能、などなど。N-30も発売当初は(ファームウェアアップデートで「ギャップレス再生」に対応しました)ギャップが入ってしまうものでした。

ギャップレス再生が出来ないと、特にクラシックを聴くときに致命的です。つながるべき部分で無音になり、興ざめしてしまいます。

CR-N765では、USBメモリのデータ再生でギャップレス再生が可能になりました。N765のWebページに小っちゃく書かれていました。
DLNAサーバ(NAS)からのストリーミング再生では無理なようです。
そこで、N-30をリサイクルショップに売って、CR-N765吉田苑モデルをゲット。

NASにため込んでいたFLACファイルをUSBメモリにコピーして、聴いてみました。ばっちり、です。
スマートフォンやタブレットに対応したリモコンアプリで選曲やボリュームコントロールもできて快適です。

DSD音源にも対応しているので、しばらくはこのモデルを使い続けることになると思います。自宅ネットワークにLAN接続すれば、スマホやタブレットをリモコンとして使えるのでとても便利です。USBメモリ内の曲選択なども楽ちんですよ。

この1台で、CDもハイレゾも楽しめるので、すでにスピーカを持っている方にはおすすめです。もちろん、これからスピーカと一緒にオーディオ始めるぞという方にも。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

KORGのUSB-DACとAudioGate 3 [PCオーディオ]

KORG DS-DAC-100

お久しぶりです。Karintokobaです。
仕事ではPCの利用が必須の私。ThinkPadT530にUSB-DACを繋いで、foobar2000をプレーヤにしてHDD内の音楽を聴きながら仕事をしています。いや、いました。

USB-DACは、2011年に買ったstyleaudioのCARAT-RUBY2を使っていました。
気が付くと、あれからもう4年も経とうとしており、DSD音源なども出回るようになってきました。
そこで、DSD音源にも対応したUSB-DACがほしくなり、評判の良いKORGのDS-DAC-100をポチってしまいました。

アナログのオーディオ波形をデジタルにする方式は、PCMとPDMがあり、CDやwavファイルは前者、SACDやDSDファイルは後者です。

私も素人なので、原理等についてはWikipediaなどをご覧いただくとして、スピーカから出てくる音はDSDの方が良いとレビューされています。ちなみに、60分の音楽CDは600-700MB程度ですが、DSD(5.6MHz)になると、4800MB!情報量がこれだけ違うのです。

そして、DS-DAC-100は、専用のプレーヤソフト、「AudioGate3」と組み合わせることで、音源ファイルをリアルタイムでDSD信号に変換し、USBケーブルを介してDACに送ります。PCM信号もDSDに変換して音質を上げるのです。
確かに聴いてみるとボーカルが滑らかになり、いい意味で角が取れた音になった気がします。

でも、AudioGate3には弱点が。。。
それは、ギャップレス再生のできないことです。音源ファイルとファイルの間にギャップ(無音部分)が入る。ライブ音源や、クラシックなどの再生には致命的。

と、いうことで、いったんお蔵入りになりました。最近、PCで負荷のかかる作業もするようになったので(重たい計算や、SIGMAのカメラの現像処理など)、結局リビングのpioneer N-30を仕事部屋に持ってきて、PCで音楽を再生するのはやめてしまいました。

AudioGate3が、ギャップレス再生に対応するよう願っております。

ちなみに、AudioGate3ではなく、foobar2000を使えばDS-DAC-100でもギャップレス再生できます。FLACファイルでの確認です。DSDのファイルでは確認していません。
foobar2000での運用で良ければKORGのUSB-DACはコストパフォーマンスも高くお勧めです。



タグ:KORG DSD DS-DAC-100
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

昔録音したMDやカセットテープをパソコンに取り込む -Sound Blaster Digital Music Premium HD- [PCオーディオ]

Creative

僕は昔吹奏楽をやっていました。そのころ録音したMDやカセットテープが結構あります。MD再生機は本家のソニーが生産終了にしてしまったので、MD再生機が壊れる前に当時の音源をパソコンに取り込みたいと思っていました。

PCオーディオ用のUSB-DACはそのほとんどが、PCを再生機にしてwavなどの音楽ファイルを高音質でアンプまたはヘッドホンに出力するものです。逆にパソコン側に音声を入力することができるUSBインターフェースはあまり見かけません。

そこで、コストパフォーマンスの高い音楽用USBインターフェースを調べたところSound Blaster Digital Music Premium HDがヒット。1万円以下で購入できるインターフェースで、決め手は光のデジタル入力があること。僕のMDデッキは光出力があるので、高品質にデジタルデータをパソコンに取り込むことができると思いました。パソコンを自作したことのある方はSound Blasterはよくご存じだと思います。PCのPCIスロットに取り付けるサウンドカードですね。さらに、LINE INにカセットテープデッキなどのアナログ再生機をつないでテープやレコードの音源も録音できるようです。

早速ポチって入手しました。そして、ThinkPad X201s(Win7 Pro 64bit)に接続、インストールしてみました。以下手順をメモっておきます。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

パイオニアネットワークオーディオプレーヤN-50、N-30のファームウェアアップデート [PCオーディオ]

Pioneer

先月末、パイオニアからネットワークオーディオプレーヤN-50、N-30のファームウェアアップデートが公開されました。
Webページを見てみると、すごい機能アップです!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

パイオニアネットワークオーディオプレーヤN-30用のNASはI-O DATAのHDL-Aシリーズを [PCオーディオ]

パイオニアネットワークオーディオプレーヤN-30用のNASはI-O DATAのHDL-Aシリーズを

以前記事にした、パイオニアのネットワークオーディオプレーヤN-30。バッファローのNAS、LS-VLを使ってネットオーディオ環境を整えましたが、FLACやWAVファイルの再生時に一時停止できないと書きました。

買ってからN-30やLS-VLのファームウェアアップデートも公開され、試しましたがだめでした。

続きを読む


タグ:NAS N-30 HDL-A
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ネットワークオーディオプレーヤN-30・50のアップデートデータが公開されています [PCオーディオ]

以前の記事で述べたようにネットワークプレーヤN-30をバッファローのNAS、LS-VLで運用しています。しかしながらこの組み合わせだとN-30のMusic Serverで一時停止ができないという問題があることを報告しました。
パイオニアにもバッファローにも問い合わせたのですが解決しないまま今日に至ります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

USB-DACの機能を持つプリメインアンプTEAC A-H01 [PCオーディオ]

TEAC A-H01

PCオーディオに関して、関係した雑誌も多く出回るようになってきてこれからさらに盛り上がると思います。そしてPCとオーディオの懸け橋といってもいいUSB-DACもいろんなメーカから幅広い価格帯で出てきて何を買えばいいのかわからない状況だと感じます。

でも、PCオーディオを構築するにあたって以外に困るのはアンプではないでしょうか。PCに入っている音源をヘッドホンで聴く方も多く、USB-DACにはヘッドホンアンプを内蔵したものは多いです。しかし僕みたいにスピーカで聴きたいという方も多いと思います。そうなるとアンプが必要となってきますが、一般のプリメインアンプはそのサイズがUSB-DACに比べるとでかい。僕も自室のPCオーディオ環境はSANSUIのアンプを使っているのですが、そのサイズはUSB-DACに比べるととてつもなくでかいです(もちろんピュアオーディオのプリメインアンプとしては標準サイズです)。この度、TEACからコンパクトなUSB-DAC内蔵の小型のプリメインアンプが登場しています。ご存知の方も多いと思いますが、ちょっとこれほしいなと思っています。

続きを読む


タグ:TEAC A-H01
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

リアルな音のスピーカECLIPSE TD307II [PCオーディオ]

富士通テンECLIPSE TDスピーカ

リビングに導入したネットワークオーディオ環境。スピーカはBOSEのPC用スピーカを使っていました(紙筒スピーカを使う予定でしたが、子供にほとんどむき出しのユニットを触られるのが嫌なので。金網で防御されているBOSEの物を使っていました。)。去年、知人から富士通テンのECLIPSEブランド、TDスピーカを紹介してもらいました。数々の著名なアーティストが愛用していることが紹介されている上記Webページを見れば見るほど導入したいと思っていました。

で、最廉価モデルTD307IIを購入しました。ちっちゃな子供が遊ぶリビングに設置するので、比較的高価な508や510はやめておきました。

早速、聴いてみました。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ネットワークオーディオプレーヤN-30で一時停止ができない件 [PCオーディオ]

先日話題にあげたパイオニアのネットワークオーディオプレーヤN-30で一時停止ができない件について、現在わかっていることを報告します。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ネットワークオーディオプレーヤN-30を購入しました。買ってからわかった欠点。 [PCオーディオ]

今年も終わりですね。このブログを読んでくださった皆様ありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

前回検討したネットワークオーディオプレーヤ。パイオニアのN-30をバッファロー製のNASとともに購入しました。N-30はアマゾンでぽちっと。NASは近くの電気屋で購入。決め手は、この値段で、サンプリング周波数192 kHzに対応していること。

使っていくと、Webサイトを見ただけではではわからなかった欠点が見えてきました。パイオニアにも確認した点もあるので参考にしてください。欠点といっても、この値段でネットワークオーディオを楽しめるのは素晴らしいと思いますので優しい目で見てやってください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | - PCオーディオ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。