So-net無料ブログ作成

VMwareでChromeOS (Cloudready)を使えるようにする [ソフトウェア]

タイトルの通り、VMwareのバーチャルマシンにChrome OSをインストールしてみました。
参考にしたのは、このサイトです。

1.上記サイトよりCloudreadyのOVAファイルと、必要ならばVMware Playerをダウンロード。OVAファイルは圧縮されているので、解凍しておく。
2.VMwareをインストール。
3.VMwareの「開く」より1.で解凍したOVAファイルを開く。バーチャルマシンの保存場所を聞いてくるので確認しておく。
4.Cloudreadyが立ち上がる。
5.Cloudreadyの電源を切る。(右下のユーザアイコンをクリック)
6.VMwareの「開く」から、バーチャルマシンの保存場所の「」ファイルを開く。これでVMwareの初期画面にClourreadyが登録される。
7.VMwareのバーチャルマシンの設定から、サウンドデバイスを追加。これで音が出るようになります。

実はこの方法を試すまで紆余曲折しましたが、この方法が一番楽でした。これまで苦労していたのがウソのようにあっけなく立ち上がりました。

ChromeOSをいろいろいじってみようと思います。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント