So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

VMwareでChromeOS (Cloudready)を使えるようにする [ソフトウェア]

タイトルの通り、VMwareのバーチャルマシンにChrome OSをインストールしてみました。
参考にしたのは、このサイトです。

1.上記サイトよりCloudreadyのOVAファイルと、必要ならばVMware Playerをダウンロード。OVAファイルは圧縮されているので、解凍しておく。
2.VMwareをインストール。
3.VMwareの「開く」より1.で解凍したOVAファイルを開く。バーチャルマシンの保存場所を聞いてくるので確認しておく。
4.Cloudreadyが立ち上がる。
5.Cloudreadyの電源を切る。(右下のユーザアイコンをクリック)
6.VMwareの「開く」から、バーチャルマシンの保存場所の「」ファイルを開く。これでVMwareの初期画面にClourreadyが登録される。
7.VMwareのバーチャルマシンの設定から、サウンドデバイスを追加。これで音が出るようになります。

実はこの方法を試すまで紆余曲折しましたが、この方法が一番楽でした。これまで苦労していたのがウソのようにあっけなく立ち上がりました。

ChromeOSをいろいろいじってみようと思います。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

VAIO Z Canvasに最適なBluetoothキーボード2種 [ハードウェア]

VAIO Z Canvasを導入してから1か月以上たちました。仕事にプライベートに活躍してくれています。VAIO Z Canvas付属のキーボードは、タッチパッドがついているので、結構フットプリントが大きいです。

そこで、コンパクトなキーボードを2種試してみました。

一つは、以前も紹介したバッファローのBSKBB500BK、Bluetooth接続の超薄型・軽量キーボードです。フットプリントも小さく、薄いのでカバンにも入れやすく、場所も取りません。

もう一つは、LenovoのThinkPad Bluetooth ワイヤレスキーボードです。こちらを使うと、ThinkPadと同じ入力の快適さが手に入ります。トラックポイントがついているので、マウスを持ち運ぶ手間も省けます。

バッファローのキーボードはとにかく小さく・薄く・軽いので、持ち運びには最適。ですが、キーピッチが小さかったりするので、入力で結構ミスタッチが出ます。慣れればば問題ないでしょう。また、ファンクションキーが無いのでそこは、小ささとのトレードオフでしょうか。もともと、AndroidやiOSスマホ・タブレットの入力用として開発されているようですので、ファンクションキーはいらないと判断したのでしょう。

一方、ThinkPad キーボードは、バッファローに比べ大きく重いですが、長らく使ってきたThinkPadと同様の快適さがあります。マウスを持ち運ぶ必要が無いので、出先における、机の専有面積は意外に小さくなります。僕はThinkPadに慣れているので、ミスタッチもなく、トラックポイントもあるのですごく快適です。ファンクションキーもあり、キーボードで、画面の輝度や音量の調節もできます。

どちらも一長一短で、持ち運びやすさに対して入力の快適さのどちらを取るかで決まってくることと思います。僕は両方買って使ってみて、入力にストレスのないThinkPadキーボードに軍配を上げたいと思います。入力はThinkPad、中身はVAIOになります。バッファローと比べてお高いですけれどBluetoothキーボードとマウスを両方買ったと思えば。。。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

PC用音楽プレーヤの決定版!JPLAY [PCオーディオ]

JPLAYホームページ

PCオーディオを再開するにあたり、foobar2000をwasapi排他モードで使ってみました。なかなか良いです。
foobar2000はフリーソフトですので、手軽に導入できますね。

しかし、JPLAYというソフトがあることを、吉田苑さんのホームページで知り、試しに試用版をインストールしてみました。
そしたら、foobar2000より良かったので、正規版を購入しました。この原稿を書いてる時点では、99ユーロでPaypal決済です。

ただ、使えるようになるまでのセットアップは、パソコン初心者にはちょっとつらいかもしれません。
JPLAYホームページのインストールマニュアルを読んで、何言ってるかわからんという方は、吉田苑さんのホームページを見て、まずは試用版でセットアップを頑張ってみてください。くれぐれも正規版をいきなり買わないようにしてください。試用版でセットアップできたことを確認してから購入しましょう。

私の環境では、DAC Link 350Hzでも動作しました。

次は、USB-DACのアップグレードかな。

nice!(1)  コメント(0) 

PCで再生する方が良かった話 [PCオーディオ]

DP-X1Aがオーディオのプレーヤとしてよかった件は以前書きました。

ふと思い立って、PCをプレーヤとして使ってみたら以外にもPCの方が良かったという話です。うーん、ちょっと残念。

だいぶ前までは、PCで再生していたのですが、やっぱりPCと音楽再生機は分けようと思って、ONKYOのCR-N755、代替わりしてCR-N765を使っていました。

そして最近、DP-X1Aの方が良いことに気づいてこちらをメインで使っていこうと思った矢先でした。
再生環境:
PC:HP Z230 (Xeon E3-1271 v3、RAM:ECC12GB)
プレーヤ:Windows10標準のGrooveミュージック
USB-DAC:Styleaudio CARAT-RUBY II
アンプ:TRIODE 300 NightBlack
スピーカ:FUNDAMENTAL SM10

ポータブルとは言え、オーディオ専用機のDP-X1Aより良くてちょっとびっくり。ただし、PCのヘッドホン端子から直接アンプにライン接続はダメでした。USB-DACは必須です。

今後は使い分けが必要だと思った次第です。
PCで仕事をしながら聞き流すときや、歌詞を見ながら聞きたいときはDP-X1A。
じっくり聞きこみたいときはPCで。

DP-X1Aは、ネットから歌詞を拾ってきて表示する機能(曲によっては拾ってこれませんけれど)があり、これはありがたくて捨てがたいですね。PCのプレーヤでもそういうものがあるのかな?

試聴に使った曲、柴田淳の「道」にあるように、旅は続いていきます。。。
これが楽しかったりするんですけれど。
次は、PC用の音楽プレーヤ探しでしょうか?
トライオードの真空管アンプ(Amazon)




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DP-X1Aをオーディオシステムのプレーヤにしてみた [PCオーディオ]

ONKYOのDP-X1A、気に入って使っています。

ライン接続もできるので、自室オーディオのプレーヤとして使ってみました。これまでは、
・プレーヤ ONKYO CR-N765 USBメモリ、ライン出力
・アンプ TRIODE 300 NightBlack
・スピーカ FUNDAMENTAL SM10
で使っていたのを、プレーヤをDP-X1Aに変えてみました。
CR-N765と比べて、DP-X1Aの方がクリアで良いことがわかりました。正直びっくり。
ただ、ライン出力とアンプをつなぐケーブルが違うので最終的な結論とはなりません。CR-N765はZonotoneのケーブル、DP-X1Aはベルデンのケーブルを使っています。CR-N765もベルデンに変えて再チェックしたいところです。

注意点があって、DP-X1Aについて、パソコンのUSBポートから電源を取ると、ノイズが乗りました。そこで、AnkerのUSB充電器から電源を取ってみるとノイズがなくなりました。
それから、充電用USBケーブルを抜いて電源を内蔵バッテリーにするとさらに音が良くなりました。
電源の重要性を再認識したところです。

CR-N765はお蔵入りになるかも。。。でも、CR-N765はCDプレーヤ、ネットワークプレーヤ、アンプの機能が一つになっているのと、スマホアプリからリモコン操作できるので、おすすめには変わりありません。



タグ:CR-N765 DP-X1A
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ONKYOのデジタルオーディオプレーヤ DP-X1A [ハードウェア]

だいぶ前ですけれど、ONKYOのデジタルオーディオプレーヤDP-X1Aを買いました。200GBのmicroSDカードに今までのためた曲を入れて聞いています。

SonyのウォークマンA35と聞き比べると、その差は歴然でした。DP-X1Aの方が伸びがあり、音場が広くすっきりしています。
値段が倍くらい違うのでそうでなくては困るのですが。
今は、だいぶ値段も下がってきたのでお勧めですよ。



タグ:ONKYO DP-X1A
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

VAIO Z Canvas導入 [ハードウェア]

モンスタータブレット、VAIO Z Canvasを中古でゲットしました。
スペックは、
OS:Windows10 Pro
CPU:Core i7 4770HQ クアッドコア
RAM:16GB
SSD:512GB

です。販売当時このスペックだと40万円越えしてたと思いますが、Hard Offで、16万円だったので思わず購入。
第8世代CoreプロセッサがVAIO Zに乗るのを待っていたのですが、なかなか発売されないので、待ちきれませんでした。

リカバリされた状態でしたが、有線・無線LANともつながらなくて焦りました。。。
いったん落ち着いて、VAIO社のWebサイトのサポートで無線LANのドライバを入手してアップデートしたら治りました。ほっ。

このPC、スペック通り、速いです。SSD、PCI Express x 4 (32Gb/s)での接続が効いているのでしょう。ちょっと、液晶表示にムラがあるような気がしますが、許容範囲ということで。いい買い物をしました。

それで、このPCのために用意したアクセサリ

1.バッファローのBluetoothキーボード:
小さくて薄くて、おすすめです。VAIO Z Canvas付属のキーボードだと設置の際に結構フットプリントが必要になりますが、このキーボードなら設置面積を小さくできます。


2.Logicool MX Anywhere 2 マウス
とても使いやすいマウスです。木のでこぼこした机でも、膝の上でもちゃんと反応しますし、精度が高いです。


3.ELECOMのHDMIケーブル:
外部モニターにつなぐときのケーブル。線が細くて取り回ししやすいです。


4.I-O dataのUSB3.0 to LAN とUSBハブアダプター:
仕事場では、有線LANとHappyHackingKeyboad、トラックボールをこのアダプタに接続しておいて、ケーブル一本でつなげるようにしました。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

じゃあ、スマホのデータのバックアップは? [ハードウェア]

  皆さん、スマートフォンのバックアップとっていますか?

・メール:
同じキャリアで機種変をするときはメールアプリでバックアップをして、新しい機種で読み込みます。これは、キャリアのメール(docomo.ne.jpやezweb.ne.jp)を使っている時です。また、バックアップするときのメールアプリは最新のものに更新しておきましょう。
異なるキャリアにMNP等する場合は、あらかじめ、大切なメールを別のアドレス(Gmailなど)に転送しておくことをお勧めします。
SIMカードを抜いた時点で、そのスマホのキャリアメールは使えなくなってしまうことがあるからです。僕の場合auからdocomoに乗り換えたときに、SIMを抜いたauのスマホのキャリアメールアプリは過去メールを見ることすらできなくなってしまいました。

連絡先:
GoogleクラウドやiCloudにバックアップを取っておく。Android⇔iPhoneの移行には、ちょっとしたテクニックが必要です。
参考サイト

・写真:
Googleフォトなどクラウドにバックアップを取るか、USBケーブルでパソコンにつないで、バックアップを取ります。iPhoneならば、iTunesでバックアップもできます。Androidで、SDカードに保存しているならば、SDカードをパソコンにさしてバックアップします。

・SNSアプリ
Facebook(messenger含む)やTwitterは、IDとパスワードを忘れなければOK、新しい端末でログインすればいいです。
LINEは、普通にログインすると、新しいスマホにトークの履歴が引き継がれません。このWebサイトを参照しましょう。

・ゲーム、その他のアプリのデータ:
あらかじめゲームのデータ復元方法を調べておきましょう。
クラウドサーバにデータを置いておくものや、特定のファイルをバックアップしておくもの等ゲームによって違うと思います。

以上です。僕はiPhone4s以降、Androidしか使っていないので、間違っているところもあると思います。スマホを変えるときはあらかじめ移行方法をしっかり調べておきましょう。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

転ばぬ先の杖、バックアップ。 [雑感]

インプレス PC Watchの記事


この記事では、バッファローのハードディスクデータ復旧サービスとバックアップについて取り上げています。
とても良い記事だと思いました。ぜひ読んでみてください。

この記事に書いてある通り、バックアップは、メインのデータ保存場所ともう一つ別の場所にデータを保存することで、片方が破損したときでも大丈夫なようにしておくことです。

学生時代、研究室配属になってデータを失うことが致命的になるようなって、データのバックアップをとるようになりました。しばらくは、外付けHDDにバックアップを取っていました。バックアップにはフリーのrealsyncというソフトを使っていました。

それから、ネットワークオーディオに手を出した時を境にNAS(Network Attached Strage)にバックアップを取るようになりました。
現在は、事務的なデータはMicrosoftのクラウドOneDriveに保存して、どこでも作業できる環境にしています。クラウドはネットさえつながっていればどこでも、どのPCやスマートフォンでもデータが使えるのが大きな利点ですね。

問題は、写真のバックアップです。写真もスマートフォンやPCなどでどこでも見られるようにクラウドに保存したいのですが、なにせデータが2TB以上もあり、これといった決定打がありません。
写真はBunBackupというフリーソフトを使ってNASにバックアップを取ることと、Googleフォトにも置いて楽しむという運用です。

Googleフォトに置いた写真は、家族とシェアしています。離れた実家の両親も孫の写真を見ることができます。Googleフォトは高解像度の写真は縮小して保存するし、RAWデータの保存ができないのがネックとなります。Googleフォトは人の顔で写真検索をかけることができたり、勝手にアルバムを作ってくれたりするのが楽しいです。ただし、しっかり写真データが解析されていることを承知の上で使いましょう。

つい最近までは、有料ですがAmazonの無制限プランを使ってRAWデータもクラウドに置いていたのですが、突如有限になってしまったので解約。結局NASに落ち着いたのです。Amazonプライムフォトは、特定メーカ(キヤノン、ニコン、ソニーなど)のRAWファイル保存にも対応していて、魅力的なのですけれど、僕がメインで使っているSIGMAやFUJIFILMのRAWファイルには対応していないようなので、使っていません。対応しているメーカのカメラを使っている方には最強の選択肢でしょう。超マイナーだけどSIGMAのRAWファイルに対応してくれないかなーーーーー。

あとは、定期的にBD-R等に焼いておけば、鬼に金棒かな。BD-R XLならば、100GB保存できますしね。


BDXL対応のドライブとメディアです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Windows10 Creators Update ができない [ソフトウェア]

Microsoftのトラブルシューティング 「Windows 10 - Windows Update に失敗する場合の対処法」

お盆休みも今日で終わりの方も多いことと思います。

実家のPCにWindows10 Creators Updateが降ってきていたのでインストールしようと思ったら、エラーになってしまいました。
数回試すも同じ。

そこで調べてみると上記リンクページにたどり着きました。

そのページ内の2番目のツールをダウンロード、実行したらうまくいきました。

実家ではたまにしかPCの電源を入れないので、アップデートべきパッチがたまり過ぎていたのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | -